other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Konni&Evi - Grauburgunder 2020 コンニ・ウント・エヴィ/グラウブルグンダー

残り1点

8,690円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

🧑🏻‍🌾 Konni&Evi コンニ・ウント・エヴィ 🍷 Grauburgunder グラウブルグンダー 2020 (=Pinot Grigio) 📍ドイツ、ザーレ・ウンシュトルート 📍 Laucha an der Unstrut 村 心臓発作になる美味しさ 輸入元より: 2022年6月新着 「フライブルガー・エーラウベルゲ」「シュタイグラ・ハーネンベルゲ」の2区画から。貝殻石灰岩土壌。樹齢約50年で、このグラウブルグンダーの収穫 が最も遅い。彼のワインは全てマセレーションを行なっているが、グラウブルグンダーでは抽出が強すぎてしまうため、唯一マセレーションを行わないワ イン。このワインは1樽のみ造られ、半分はベルリンの「Viticulture」というワインショップが買取、もう半分はKlein aber Weinの取り扱い。 栽培面積:3.5ha Konni&Evi について: ドイツのワイン生産地がドイツ南西部に集中する中、まるで宴会の席から除け者にされたように、東ドイツ にぽつりと存在するザーレ・ウンシュトルート。この生産地域のブドウ栽培面積は約750haと、ザクセン地 方と並んでドイツで最も小さい。ここは、ドイツのみならず、世界最北のワイン生産地に属する。この地域 の土壌の約90%は貝殻石灰岩で、植えられている品種の7割をシルヴァーナーが占める。その後にはミュ ラートゥルガウ、ヴァイス&グラウブルグンダーなどが続く。その非常に冷涼な土地柄から、長年重要な生 産地としては認識されてこなかったが、近年の温暖化の進行とともにこの土地が持つポテンシャルに熱い視線 が注がれている。 このワイン生産地のシベリアのような場所で、若干27歳・ファーストビンテージ2017年にして瞬く間にドイツに知れ渡った若き俊才がコンラード・ブ ドゥルスだ。若くして短期間で有名になる生産者は、家族がワイナリーを経営していたり、畑を所有しているなどアドバンテージがあるケースが多いが、 コンラードの父親は自動車整備士、母親は保育士と、ワイナリー設立当初はゼロからのスタートを切った。ヴュルツブルクの学校で醸造について学び、当 時はカーステン・ザールヴェヒターとブランドブロスのヨーナスとシェアハウスをしていた。ヴュルツブルク時代に当時小学校の先生だったエヴィと出会 い、現在ではコンラードの二女の母親であり、ワイン造りのパートナーである。2015年にはニュー ジーランドに滞在し、その後オーストリアのハインリッヒで実践経験を積んでいる。2016年に実家の 近くの畑がEbayで売りに出されているのを聞き、すぐに購入し、それが彼の最初の畑となった。元々 実家に帰る予定はなかったが、ザーレ・ウンシュトルートのワイン畑に呼び戻された形になる。 彼らはこの地域で唯一のビオディナミ生産者であり、設立当初は彼らのワイン造りにおける「自然派 なアプローチ」を周りの多くの生産者に揶揄された。この地域は雨が多く、冷涼なため、自然派なワ イン造りが可能だと考える人は皆無であった。しかし、2021年のように極度に雨が多く、冷涼な年に コンラードの畑のブドウがピンピンしているのを見て、彼らがどのように畑仕事をしているのか尋ね てくる生産者が急増したとのことだ。コンラードは伝統的な1.5メートルの畝間を維持しており、ブド ウの凝縮度を高めるために植樹密度を高め、収量を落としている。また、冷涼であるこの地域ではブ ドウが熟さないことも多々あるため加糖が広く行われているが、コンラードは加糖を一切行わない。 従って、出来上がるワインのアルコール度数は大抵9~12%の間に落ち着くが、彼はアルコール度数 を基準に収穫はせず、常にブドウの味を見ながら、最良の収穫タイミングを見極めている。彼はブドウ が過度に凝縮するのを好まず、そのためグリーンハーヴェストは行わない。またブドウ葉は切ると成長ホルモンが出て、果実がより大きくなるため、葉は 切らず蔓を上部で結ぶ。なるべく、自然のサイクルには介入せず、自分の求める味わいを追求する。東ドイツ時代、ザーレには一つの協同組合があり、こ の地域のブドウ栽培家は収穫されたブドウを全て協同組合に提供し、ワインを生産していた。ザーレに最初のワイナリーが設立されるのはソ連解体後で あり、ワイン生産地としての歴史はまだ浅い。冷涼かつ痩せた土地が多く占めるザーレで好まれるのは、量産に向いている肥えた区画で、高品質なワイン 生産に向いた痩せた傾斜のある畑の多くは放棄された状態が長く続いていた。それはコンラードにとっては都合が良く、古樹が植っていながらも手付か ずで荒れ果てた畑を多く買い足すことができた。そのため、彼が所有する畑はこの地域に点在しており、常に長い距離を車で往来しなければならない。 ドイツ国内外の多くのソムリエやワイン関係者がドイツワインを学ぶために目指すの往々にしてモーゼルやラインガウだが、コンラードはそれを少し残念 に思っている。「確かにドイツの伝統地域の畑は見ておかなければならないと思う。けれど、ドイツはそれだけじゃない。このザーレには他の地域同 様、この地域にしか存在しない地形や微気候がある。さらに、旧東ドイツには西とは異なる独特の空気感もあって面白いと思う。この地域では量産ワイ ンしか造れないというイメージがまだまだ強い。より多くの人が興味を持ってくれるように今後もワイン造りを頑張るよ。」 非常に丁寧な仕事と覚悟が決まった彼の視線には、その現実が変わるのもそう遠くない未来だという彼のビジョンが垣間見えるような気がした。 取り扱いワイン: 泡:ヒュー シードル SO2無添加 希望小売価格 ¥3,900(税込 ¥4,290)2022年6月新着 「Huy」はザーレの方言でヒューと発音し、元々ハルツ山地の標高の高い痩せた土地を意味する言葉だった。現在は地名として使われており、コンラード がシードルに使うリンゴの樹が植っている場所でもある。樹齢100年以上の樹が多く、異なる種のリンゴが混植されている。カイザーウィルヘルム、ボス クープ、オンタリオ、ハーゼンシュナウツ、ゴルデネリネッテ, アナナスリネッテ、ゲルバーコックスなど聞いたことがない品種が多数。収穫は10月末か ら11月で、木に生えてる果実しかシードルには用いない。収穫後はセラーで数日追熟させ、細かく切りプレス。1年間ハルツ産のオーク樽(600L)で熟成。 瓶詰めの際に、翌年に収穫したモストを10%添加してそのまま瓶詰め。SO2は添加しない。2気圧。

セール中のアイテム