Cascina Roccalini・Langhe Nebbiolo 2018
5f1be2cf791d0271b37f4533 5f1be2cf791d0271b37f4533

Cascina Roccalini・Langhe Nebbiolo 2018

¥3,740 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

赤・イタリア・ピエモンテ州 🍇 NEBBIOLO 100% 👨🏻‍🌾 Paolo Veglio氏 ピエモンテの伝統農法は自然派です 🍑見香味:生キャラメル・スグリ・カシス・ブラックベリー・スミレ・程よいタンニン・非常にジューシー・ロングフィニッシュ 2018は若々しい・味が強め 2017は味おとなしい・香り複雑性のある ☆2017年→https://corvino.stores.jp/items/5f1bdf8e791d0278307f4d56 畑:南南西畑・面積:4ha『16ha森』 標高:180~250m・樹齢平均:9年 土壌:粘土 & 泥灰土 手摘収穫・野生酵母・自然発酵・ セメントタンク発酵&60日間スキンコンタクト・ セメントタンク熟成8ヶ月・瓶詰後最低45日間休・ 無清澄・無濾過・SO2:僅か25~30mg/l瓶詰段階・ Alc.:14.5% おすすめ飲温度:14〜16℃ おすすめグラス:赤用チューリップ 20ヘクタールの内に4だけ葡萄畑、後は森。『もっと儲かる方法有るけど、私の目的は違う』。 40なん歳で、ピエモンテ新世代の一人、モダン大量生産農を避けて、ピエモンテの伝統農法の道を歩む。 はい、伝統農法は自然派です。 そのため葡萄畑以外、森、ヘーゼルナッツの木や果樹を育ち、健康でバランスの有る生態系を有れば、生命力の有る土とブドウ木入手する。バローロ周りの『葡萄畑砂漠』とえらい違い。 農園はパオロの日おじいちゃんが1920年に買いました。3人兄弟の中パオロだけ家族の農園に興味を持ってた。両親街で仕事し、農法を学ぶ為現地の農家の下で無給料で働き始めた、14歳の時でした。『農家さん達私にチャンスを与えた』、週末や夏休み、出来るだけ時間あるとき働きました、『車より早く、15歳頃トラクター運転し始めた』。徐々に農家さん達のリスペクトを得まして、代わりに彼らの深い知恵をもらいました。大人になり、80年代に『バローロ戦争』始まりヴォエルチオ氏モダン農法派やリナルディー氏の伝統派を選択する時2番目を選び、アルバ市ワイン醸造学の同級生に『おまえはクレイジー』と言われた。 『妥協したくない』畑にも醸造所にも、出来るだけ自然な方法でやる。 農園の6万坪古い農家住宅を囲まれている。家の前葡萄畑南南西向き、低めの標高180〜250m、近くにタナロ川からの風と微細気候、粘土土壌、合わせてワインのフレッシュさに伝わる。鳥・虫・動物・花・ハーブ・野性草・野生小麦:そのハーモニーが生命力と健康な葡萄に繋がり、ワインのアロマやフレーバーに繋ぐ。 この農園は『アルバ市のテラス』と本人言われました。 1993年から2003年まで経験積むため、バルバレスコ地方の第一有名人ブルーノ・ギャコーサに葡萄売りました。2004年賭けして、委託醸造でカシーナ・ロッカリーニの名で初めてのボトリング。2005年セラーやっと出来、2006年大変すぎてボトリング無し。5年後、やっと2007年ヴィンテージをリリースするときは既に倒産の縁にいました。ちょうどうその時、イギリスの輸入元を初め、米国と日本次に、やっと同じ考えてる人物と出会うこと出来、自分の世界が広ぎはじめた『特にフォラドーリ氏尊敬する』。2011年にドルチェットとバルべーラの苗植えることできた。 元馬小屋と干し草置き場を醸造所に切り替え、コンクリートタンクと大樽を作用、『ステンレスタンクの方が簡単ですが、コンクリートでの結果の方が好きです』。もちろん野生酵母、足す事もない引く事もない、無清澄、無濾過。 マセレーションの為『ステッカテゥーラ』と言う古いやり方を使い:『カッペッロ』ワインのカスがどんどんタンクの上に集まり、『帽子』と言います、そのカッペッロを枝で蓋を下に押し、それでレモンタージュよりソフトなスキンコンタクトを可能にし、柔らかいタンニンを出来る。ランゲ・ネッビオーロは60日後オリ引き、さらに8ヶ月セメントタンク熟成。瓶詰後、『ワイン非常に怒ってるので』最低でも45日間休ませます。(バルバレスコ&リゼルヴァ18と24ヶ月を大樽で熟成)。 長くなりましたー〜😅。これ私の記事ではありません。4年前にシャノンさんの作品ですが話すごく気に入って、みんなに伝わりたい気持ちで翻訳致しました。 もっと儲かる方法有るけど興味ない、ギリギリで生活する、クレイジー言われる事、でも同じ考えを持つ仲間を見つかると世界が一気に広がる、楽しく、信じる方法で、良い物ほかの人紹介をする、自分の経験にすごく響いたので今回生産者物語までです。